マップクラウドトピア

【 概要 】 
 マップクラウドトピアシステムは、主たる製品構成として3つの機能があります。 

 1つ目の機能は、株式会社ゼンリンの提供するクラウド型住宅地図APIと顧客情報/営業(商談)履歴 が連動する

 機能です。 
 2つ目の機能は、株式会社マイクロソフト社が提供するExcelの顧客データをサーバー上の住宅地図に一括CSV

 アップロードしマッピングする機能です。 
 3つ目の機能として、サーバー上の住宅地図に登録された顧客情報を一括CSVダウンロードする機能です。

 こちらはダウンロードデータを集計・分析ツールと組み合わせる事により瞬時に日報/月報、マーケティング集計

 可能となります。また、ユーザ独自の分析・集計も可能です。 

 利用ユーザーは、端末ハードウェア(パソコン、タブレット、スマホ)を問わず、インターネットを通じてサービス利用可能です。 
 データはサーバー上で一元管理され、リアルタイムに情報共有されます。 

 日本国内の一般コンシューマー及び法人を顧客ターゲットとした業種の会社が、本システムを利用します。 

 本システムの利用目的として、クラウド上のゼンリン住宅地図上に顧客情報をレイヤー登録・色別登録・可視化確認

 することで、顧客情報を現場で容易にリアルタイム登録・確認・情報共有でき、顧客への営業支援・点検業務・調査業務・

 販売業務・アフターフォロー業務等の活動時に生産性向上を発揮します。

Please reload

​顧客管理システム