葬祭業<クラウド外注・受発注システム>

​【 概要 】

クラウド外注・受発注トピアとは、クラウド型発注書・指示書作成ソフトウェアで、利用ユーザーは、日本国内の葬儀社約10,000社の葬祭業に携わる会社です。 

製品構成の1つ目の機能は、見積りソフトウェアで作成した商品項目データまたは発注リストテンプレートから自動読み込みし、外注先へのFAX用紙(発注書)を自動作成する機能です。 

2つ目の機能は、クラウドのサーバー上で外注先への発注書作成・データ保存する機能です。 

3つ目の機能は、発注データをCSVデータとしてダウンロードする機能です。このデータを活用して原価/発注額の月度集計、分析に活用する事が可能です。 

本クラウド外注・受発注トピアシステムは、インターネット利用可能環境であれば、パソコン・スマホ・タブレットの利用端末ハードウェアを問わず、サービス利用可能です。 
クラウド型のサービスの為 発注 済/未発注、納品 された/されてない 等の進行状況が一覧で共有できます。よってその都度担当者に確認せずとも社内での共有がされ、引き継ぎの時間も短縮されます。


利用シーンとしては、各葬儀社の担当者が、お客さまとの葬儀の打合せ終了後、会社に戻らずとも現場からすぐに外注先別の各種発注書をWebを介してFAX送信する事が挙げられます。 
(自動的に発注金額が算出、発注書が完成し、又、FAX発注書が自動作成・送信できます。) 

手書きの発注書を作成する場合と比較して、本クラウド外注・受発注トピアの利用ユーザーの利用メリットは、 
商品項目・単価・個数などの転記・再入力する作業がなくなり、生産性向上が可能になることです。

Please reload

Copyright(c) 2019 Hakuaisya All rights reserved